ファイヤワイヤコネクタ

IEEE 1394とも呼ばれるFireWireのコネクタは、高速通信とアイソクロナスリアルタイムデータ転送を可能にするシリアルバス用インターフェイス規格です。FireWireは1980年代にAppleによって開発されましたが、ソニー(i-Link)とTexas Instruments (Lynx)が採用した技術としても知られています。ケーブルには銅線が入っており、中程度の電力を消費する機器が、別電源なしで動作できる電力を供給します。FireWireはUSBと類似しています。FireWireの利点 ツリー又はデイジーチェーントポロジで最大63個の周辺機器を接続可能 ピアツーピアの機器間通信が可能 バスごとに複数のホストをサポート プラグアンドプレイとホットスワップをサポート 重要なシステムを安全に運用可能 非同期転送及びアイソクロナス転送方式をサポート用途FireWireコネクタは、iPodやiPod nanoの初期バージョンなど、Appleの一部の電子機器で使用できます。テープに録画していたビデオカメラには、FireWireインターフェイスが搭載されています。コネクタは、リモコンの再生 / 巻き戻し機能をサポートし、カメラからタイムコードをストリーミングできます。FireWireは、ゲームコンソールや一時的なコンピュータネットワークにも使用できますが、ほとんどの新しいコンピュータやコンソールは、これらのタイプのコネクタをサポートしていません。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。