型番

ランプホルダー

インジケータランプホルダは、照明器具内のサポートインジケータ照明であり、それらを電気回路に結合します。それらのホルダ又はソケットは、電球を固定し、電気コンタクトが電球にスイッチのオンオフ又は所定の間隔での点滅するための電力を電球に供給できるようにします。また、それによって、照明の取り外し、切り替え、及び交換が容易になります。


インジケータランプホルダは、どのような用途に使用されますか?


インジケータランプホルダは、自動車産業で広く使用されています。その用途は、ブレーキライト、方向指示器ライト、警告ゲージライト、及び割込ステータスライトの電球の固定です。


工業及び製造部門では、インジケータランプホルダは、装置又は機械ステータスインジケータ又は警告灯に使用されています。それらは、工場内での安全措置及び緊急措置に不可欠です。

インジケータランプホルダの種類


インジケータランプホルダは、次のようなさまざまな属性にしたがって区分されます。

  • PCB (基板)、パネル取り付けなどの取り付けタイプ。
  • はんだ付け、ワイヤリード、又はねじ式などの終端タイプ。
  • バヨネット、ねじ式、枝付き燭台型、又はウェッジ型などのベース形状

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数