型番

レーザードライバ

レーザードライバの機能は、設定されている電流を必要な電圧で回路内のレーザーダイオードに供給します。これにより、レーザーダイオードの損傷を防いでいます。


レーザードライバの用途

レーザードライバは、医療現場の診断/分析機器から溶接まで、さまざまな用途で使用されています。
 

ダイオードにレーザードライバが必要な理由

回路でレーザーダイオードを使用する見逃しがちな理由は、出力電力と動作電流の温度です。 


温度が上昇して閾値電流が上昇すると、光学出力電力と微分効率が低下します。このため、ドライバ回路にはレーザーを破壊しないようにする安全装置が必要です。レーザードライバはこの要件を満たしています。


レーザードライバは、連続波(CW)レーザーダイオードの平均光学出力を閉ループで制御します。制御ループは、レーザーを調整して一定の電流と電力を維持します。これにより、通常の温度を維持し、熱による損傷からレーザーを保護します。 

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数