フォトセンサ : 反射型

反射型光センサは、対象物の存在を検出したり、対象物との距離を測定する光電センサです。これらは、非接触型のセンサで、オートメーション業界でよく使用されています。製造環境では、工程を円滑に進めるため、リアルタイムの情報を提供するために使用されています。


反射型光センサの機能


反射板が光センサの反対側にあり、この2つの間で光ビームが送信されます。対象物が存在すると、ビームが中断され、センサが出力デバイスに電気信号を送信します。



反射型光センサの利点


反射型光センサは、ビームセンサよりも簡単に設置できます。これは、トランスミッタとレシーバーが同じボディに格納されているためです。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) ピークセンサー距離 出力デバイス 標準上昇時間 標準降下時間 チャンネル数 ピン数 実装タイプ パッケージタイプ 寸法 高さ 長さ 動作温度 Max 動作温度 Min
RS品番 170-2820
メーカー型番EE-SY1200
メーカーOmron
¥166.906
2000 個
4mm フォトトランジスタ 30µs 30µs 10 4 表面実装 SMD 3.2 x 1.9 x 1.1mm 1.1mm 3.2mm +85°C -25°C 1.9mm
RS品番 788-4928
メーカー型番EE-SY1200
メーカーOmron
¥336.00
購入単位は2個
4mm フォトトランジスタ 30µs 30µs 10 4 表面実装 SMD 3.2 x 1.9 x 1.1mm 1.1mm 3.2mm +85°C -25°C 1.9mm