検索キーワード履歴
    TLP183

    オプトカプラ・フォトカプラ

    オプトカプラは、フォトカプラとも呼ばれ、信号を光に変換して、回路間を電気的に絶縁した状態で伝達する素子です。一般的に発光素子には発光ダイオード、受光素子にはフォトトランジスタを用いられます。


    オプトカプラの種類


    オプトカプラの入力回路は、二種類あります。一つは発光ダイオードが一方向のタイプ、もう一つは発光ダイオードが逆並列に接続されたタイプ(交流入力対応)です。出力回路は、フォトトランジスタ、フォトダイオードを直接接続している製品や、フォトダイオードの出力でMOS-FETサイリスタトライアックを駆動する製品、その他にも波形整形用ICが内蔵されている製品もあります。


    オプトカプラの用途


    FAコントローラ、音響機器・電子楽器、医用電子機器など

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数