検索キーワード履歴

    クランクハンドル

    クランクハンドルは、シャフトに取り付けて使用する、金属製又はプラスチック製の回転式ハンドルです。クランクハンドルを使用すると、回転運動を往復運動に変換することで、機械の回転軸を簡単に回せるようになります。クランクハンドルには、ストレートとオフセットのタイプがあり、巻き取り用途や調整用途に適しています。丈夫な材質でできているため、片手で操作しても迅速にトルク値が得られます。

    取り付け方法

    通常、クランクハンドルには、機構の下側に円形のソケット穴又は正方形のソケット穴があります。クランクハンドルの穴には、ねじ山なしとねじ山ありがあります。シャフトを適切な形状の穴に挿入するかねじ込み、留め具や固定具で固定します。

    グリップの種類

    クランクハンドルには、回転グリップ又は固定グリップが付いています。回転グリップでは、ハンドルを回転させて、最適な位置で最大の力をかけることができます。

    ハンドルの種類

    クランクハンドルグリップには、固定式と折りたたみ式があります。折りたたみ式グリップのクランクハンドルは、スペースが懸念される用途に有効です。折りたたみ式クランクハンドルは、使用しないときには簡単に折りたためます。

    クランクハンドルの材質

    クランクハンドルは、ナイロン、ポリアミドなどの丈夫な強化プラスチックや熱可塑性樹脂、又はスチール、 ステンレススチール、アルミ、鋳鉄などの金属で製造されています。

    用途

    クランクハンドルは、幅広い用途で使用されます。強力なトルクやクランプが必要な機械設備ですばやく調整するのに最適です。RSコンポーネンツは、あらゆるニーズに対応できるように、さまざまな直径とサイズのクランクハンドルを取り揃えています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数