検索キーワード履歴

    ユニバーサル基板

    マトリックスボードはプロトタイプ回路基板で電気部品を安全に配置するために使用され、 高周波回路とアナログ回路のどちらの構築にも使用できます。マトリックスボードでは、 電気部品ははんだ付けされ、スズめっき銅ワイヤで結合されます。

    基材には通常、ガラスエポキシ又は合成樹脂含浸紙が使用されます。マトリックスボードには単層、 二層、又は多層の製品があります。 これらは、使用している銅ライニングを表しています。多層には、小型軽量という利点があります。

    マトリックスボードの用途

    マトリックスボードは、回路基板製造のカスタマイズに役立ちます。基板をそのまま使用して永続的なプロジェクトを構築できます。又は、 レイアウトを標準的な基板(プリント回路基板)にコピーするためのプレ設計ツールとして機能します。さまざまなフォーム及びサイズのボードがあります。マトリックスボードのプレプロジェクトを使用することで、回路のすべての部品に簡単にアクセスできる状態を維持できます。

    マトリックスボードの種類

    ユニバーサルマトリックスボードは、ほとんどの回路構築作業に対応できます。 一方、プレーンマトリックスボードは、シンプルなプロジェクトに適しています。特殊ピッチボードは角が丸くなっており、はんだ付けが簡単です。 一方、銅不使用ボードは、作業スペースが平らになります。マルチバスIIボードは、多くの場合、両面のエポキシガラス複合材設計で、 プロトタイピングボードに最適です。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数