型番

ネジインサート

ねじ山付きインサート
ねじ山付きインサートとは何ですか?
ねじ山付きインサートは、内部にねじ山のある、金属製の円筒形チューブです。ねじ山付きインサートは既存の穴に設置し、ねじ、ボルト、その他の固定具を取り付けることができるねじ山付きレセプタクルとして使用します。また、外部ねじ山付きインサートは、通常は金属加工品の既存のねじ山の強化や損傷したねじ山の修復のために使用されます。
ねじ山付きインサートの取り付け方法
最初に、インサートを埋め込む母材に推奨サイズの穴をあけるか切削します。第2ステップは、インサートの種類、使用母材、インサートの取り付け方法によって異なります。
ねじ山付きインサートの種類
プラスチック用
プラスチックは一般的に、主に熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の2種類に分類されます。この2種類のプラスチックは似ていると思われるかもしれませんが、物理的な特性は大きく異なっています。したがって、使用されるインサートの種類は異なります。
• 熱硬化性樹脂
熱硬化性樹脂は、硬化段階で樹脂が架橋結合することにより、材料の物理的特性と機械的特性が強化されています。この工程により熱硬化性樹脂は穴あけが容易なので、この用途では圧着タイプのねじ山付きインサートが適しています。
• 熱可塑樹脂
熱可塑性樹脂用のねじ山付きインサートは特殊で、少し異なるアプローチが必要です。インサートは、金属製のインサートを特定の温度に加熱して取り付けます。指定の温度に達したら、ねじ山付きインサートをプラスチックに押し込みます。金属の熱がプラスチックを溶かし、インサートが目的の位置に収まります。プラスチックが冷えると、インサートが固定されます。
金属用のねじ山付きインサート
金属用のねじ山付きインサートには、外側にねじ山があります。ねじ山のサイズに一致したインサートを選んで既存のねじ穴にねじ込むだけです。
木材用のねじ山付きインサート
木材用には、圧入式インサートでもねじ込み式インサートでも使用できます。但し、堅材が使用されている場合は、インサートよりわずかに大きい穴を準備し、適切な接着剤を使用して、しっかりと固定することをお勧めします。これは、堅材が他の木材よりも割れが発生しやすいためです。
材質と仕上げ
ねじ山付きインサートには、さまざまな材質と仕上げ、そして多様なねじサイズがあり、あらゆる用途に対応します。
• 黄銅
• スチール製
ステンレススチール(316 & 302)
• 光沢亜鉛めっき
• 透明不動態膜
• 亜鉛めっき
• プレーン
ねじサイズ
M3、M3.5、M4、M5、M6、M8、M10

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数