検索キーワード履歴

    砥石

    砥石は、「研削」や「ホーニング」と呼ばれている用途において エッジや他の表面を研ぐのに使用されます。


    砥石とは何ですか?


    砥石は一般にインドストーンと呼ばれていますが、 インドストーンは、砥石の一種ですが、当社の取り扱い製品では多くの砥石製品の1つでしかありません。


    研削及びホーニングとは何ですか?


    ホーニングは、金属に精密な表面を作り出すプロセスです。この作業は、エッジに沿ってインドストーンや日本のウォーターストーンなどでこするか、研磨することによって行われます。


    使用する砥石の選択


    表面を研ぐための砥石には、さまざまな種類があります。 選択すべき砥石は、研削対象の表面によってまったく異なります。


    砥石の種類:


    • オイルストーン - 伝統的に選択されている砥石です。ノバキュライト、 酸化アルミニウム、シリコンカーバイドの3種類の主要材料で構成されています。オイルストーンは、 金属の削りくずの除去に油を使用します。

    • ウォーターストーン - このタイプの砥石には、自然石のものと合成石材のものがあります。 ウォーターストーンは、高速切削が可能で、石の削りくずを水で除去します。
    • ダイヤモンドストーン - このタイプの砥石は、金属板の表面にダイヤモンドの粒子が付着しています。ダイヤモンドストーンは、「より硬い」種類の砥石です。

    適切な砥石の選択方法


    粗目の砥石は、再成形、エッジの再形成、傷の除去に最適です。 中目の砥石は、基本的なエッジを非常にシャープなエッジにする場合に最適です。 仕上げ目の砥石は、主に最終的な研磨に使用されます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数