検索キーワード履歴

    ブラックライトランプ

    UVCランプは、殺菌灯とも呼ばれ、短波紫外線を発生させます。UV-C照射は、空気、 水、 表面の消毒に使用され、バクテリアやウイルス、及び原虫による感染リスクを低減することが知られています。したがって、 このランプは、作業場及び工具の殺菌に使用できます。UVCランプは、病院や学校などの環境のHVACコンポーネントをクリーニングすることで、汚染された空気を確実に除去する最適なソリューションとなり得ます。 ただし、 こうしたコンポーネントの保守時には、 紫外線への暴露は避けることが困難になる場合があり、 自然な方法で回避できないため注意が必要です。紫外線への有害な暴露を防止するために、できる限りの安全防護措置を講じることが重要です。

    UVCランプの種類

    低圧ランプ

    この殺菌灯は蛍光を発さず、通常、石英ガラスで作られています。紫外線がランプを通過して照射されます( 一般的な蛍光灯の場合は、 リン光体が蛍光を発します)。

    高圧ランプ

    このタイプのランプは、 単一の線状ではなく、広い帯状の放射を発します。高圧ランプは、眩しい白色光を発し、工業用水処理で一般的に使用されます。

    発光ダイオード(LEDS)

    UV-C LEDは、半導体素材を使用して光を発します。発光の波長は、半導体素材の化学的性質を調整することによって変更でき、 LEDの放射プロファイルを選択できます。

    UV殺菌灯は、どのような用途に使用されますか?

    殺菌灯は、さまざまな用途で使用されます。生物学や廃水処理における作業場及び工具の滅菌器として利用できます

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数