懐中電灯 & ハンドランプ

トーチとハンドランプは、さまざまな場所や条件で作業する際に照明を提供するために不可欠な工具で、特に、周辺光や有線照明が安全で正確な作業を行うには不十分である危険な場所やアクセスできない場所での照明に必須です。

トーチはワイヤレスで、一般に再充電可能なため、短時間の集中的な使用には経済的で便利であり、一部の一時的な照明ソリューションとは異なり、温度条件や産業的な衝撃による損傷によって故障することはほとんどありません。

トーチは、近接して行う検査及びメンテナンス作業、停電時や危険時のバックアップ / 緊急時の使用にも最適です。当社のシリーズでは、Petzl、Mag-Lite、Wolf Safety、Led Lenserなどの主要ブランドの高品質なトーチや検査照明が多数用意されています。

どのようなタイプのトーチとハンドランプが利用できますか?

ペンライトから超高輝度焦点調節可能LEDトーチ、交換用電球やその間のあらゆるものまで、当社の一時的な照明及び電池駆動照明製品には、トーチ充電器、キーフォブ、検査トーチ、及びATEX認定製品などがあります。当社の製品は、必要なランプの選択に役立つように、さまざまな種類のランプがあり、以下に違いを説明しています。

LEDトーチは通常非常に明るく(高ルーメン出力)、消費電力が非常に小さく、他のほとんどの電球タイプよりもかなり長寿命です。通常、「昼光色」(冷白色 / 明白色)の色温度を生成し、これは作業や詳細な観察に適しています。

白熱懐中電灯用電球は最も安価で購入できますが、消費エネルギーの多くは熱として失われます。長期的には経済性が低く、頻繁に交換する必要があります。一般に、暖かい色温度の光を発します。

ハロゲントーチ電球は、白熱電球とLEDバージョンの間に位置し、白熱電球のように動作しますが、タングステンフィラメントとハロゲンガスを組み合わせることで、高輝度と長寿命が得られます。

蛍光トーチ電球は、ストリップタイプのハンドランプやライトバーで頻繁に使用され、広い検査エリアにかなり明るい光を照射するのに適しています。ただし、蛍光電球はLEDよりも多くのエネルギーを消費し、水銀が含まれているため取り扱いに注意が必要です。また、所定の温度まで「ウォームアップ」するのに少し時間がかかり、緊急時のバックアップとしての有用性が劣ります。