型番

手电筒和检查灯

フラッシュライト及び点検ランプは、さまざまな場所及び条件での作業時に照明を得るために不可欠な器具で、 特に、周囲照明や有線照明が、安全、 正確な作業を行うために不十分な危険な場所やアクセスできない場所で使用されます。

検査用ランプは近接作業やメンテナンス作業、 及び停電や危険な状況でのバックアップ / 緊急用にも最適です。当社の製品には、 Petzl、 Mag-Lite、 Wolf SafetyやLed Lenserなど、主要ブランドから多数の高品質なフラッシュライト及び検査ライトをご用意しています。

どのような種類のフラッシュライト及び検査ランプがありますか?

ペンライトからフォーカス可能な超高輝度LEDフラッシュライト、 さらに交換用電球に至るまで、 さらに、仮照明及びバッテリ駆動の照明製品には、フラッシュライト充電器、 クリップ、 クランプとバルブ、 及びATEX認証製品を幅広く取り揃えています。当社の製品にはさまざまなランプタイプがありますが、 お客様が必要な製品を選択できるように、 それぞれの違いについてここでご紹介しておきます。

LEDフラッシュライトは、通常、非常に明るく(高ルーメン出力)、 消費電力は最小限で、 他のほとんどの電球タイプよりも大幅に寿命が長くなっています。多くの場合、発する色温度は「昼光色」(冷たい白 / 明るい白)で、 作業や観察に適しています。

白熱灯フラッシュライト電球は、多くの場合、最も安価に購入できますが、 消費エネルギーの多くは熱として失われます。長期的には経済性が低く、はるかに頻繁に交換する必要があります。通常、比較的暖かい色温度で光を発します。

ハロゲンフラッシュライト電球は、白熱電球とLEDタイプの間に分類される傾向があります。白熱電球とよく似た仕組みで機能しますが、 タングステンフィラメントとハロゲンガスを使用することで、 明るい照明と長い寿命を実現しています。

蛍光灯フラッシュライト電球は、ストリップタイプのハンドランプやライトバーで最もよく使用されており、広い検査領域に非常に明るい光を当てる用途に適しています。ただし、 蛍光灯はLEDよりもエネルギーを消費し、水銀を含有しているため取り扱いには注意が必要です。「ウォームアップ」して温度を上げるのに少し時間がかかるため、 緊急バックアップとしてはあまり有用ではありません。