型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

Vベルト / ウェッジベルト

駆動ベルトは、柔軟な合成素材又はゴムを連結して、 ループになっています。2個以上のプーリーを連動させるために、駆動ベルト又はVベルトが使用されます。ベルトはプーリーの外縁にはまるようになっています。ベルトに張力がかかると、摩擦が発生し、 摩擦が動力に変わります。

適切なベルトを見極める方法

用途に応じて、適切なサイズのベルトを見つけることが重要です。時間の経過とともにベルトは伸びる可能性があるため、判断ミスが起きやすくなっています。正しい選択を確実に行う1つの方法は、メーカーの部品番号の印刷が駆動ベルトに残っているかどうかを確認することです。摩耗のために確認できない場合は、2つの非常に特殊な方法でベルトを測定する必要があります。駆動ベルトのサイズは、 長さと幅の2つの寸法で決まります。

長さの測定

駆動ベルト又はVベルトの長さは、ベルトの内周を測定して算出されます。この測定は、専用のVベルト測定ツール又は布巻尺で行えます。スチール巻尺や定規で測定しないでください。ベルトの円周に合わせたら、巻尺をまっすぐにすると長さがわかります。

幅の測定

ベルトの断面を見ると、Vベルト又はウェッジベルトには、ベルトの内側に沿って台形の歯があることがわかります。幅を測定するには、単純にV字形の最上部とV字形の高さを測定します。この2つの測定値は、「断面」のサイズに関連しています。ベルトの種類

2つの測定値が得られたら、数字からベルトの「タイプ」を判別できます。幅の測定値は、通常、1文字又は3文字x長さの形式で表されます。一般にベルトは、次のように表されます。

  • A断面x長さ
  • B断面x長さ
  • Z断面x長さ
  • XPZ断面x長さ
  • SPZ断面x長さ
  • SPB断面x長さ

用途

駆動ベルト、 Vベルト、ウェッジベルトは、プーリー、 テンショナー、 スプロケット、ギアなどを利用するさまざまな産業の動力伝達で使用されています。最も一般的な用途を次に示します。

  • コンベアローラー
  • 発電機
  • 空調
  • コンプレッサ
  • ウォーターポンプ
  • オルタネータの動力
  • ステアリングポンプ
  • 自動車エンジン
  • 芝刈り機

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード