検索キーワード履歴

    名札

    通常、IDバッジは、定義されたグループに属する作業者、従業員、スタッフ又は人員が使用し、セキュリティ又は認証目的で装着者を識別します。通常、こうした印刷カードには、スタッフの名前と詳細を記載した写真を付けます。


    どのような目的でIDバッジを使用しますか?


    名前バッジにより、セキュリティが向上します。オフィス、工場内の特定の限定区域など、権限を有する人物にのみ施設へのアクセスが許可されます。これは、必要に応じて所持するか、ホルダーに取り付けるか、首回りや体にクリップで装着して表示します。ランヤードの例としては、スプリングフックを使用して首の周りに着用し、セキュリティIDバッジを固定する、耐久性に優れたバッジホルダーがあります。


    IDバッジのタイプ


    IDカードホルダーは、プラスチック、透明な硬質PVC又はアクリル製で、クリップが付いています。特定のバッジには高度なセキュリティ機能が組み込まれ、入室する際のデバイス又はドアのスワイプに使用するマグネットシートを最適に保護するために密封したり、バッジが外れたり、複製されたりしないようにします。 


    どのようなユーザーがIDバッジを装着しますか?


    こうした識別バッジは、コンピュータやネットワークが格納されている場所へのアクセス制御など、セキュリティが非常に重要なあらゆるタイプの企業や組織にとって不可欠です。


    企業


    病院/NHS


    空港


    博物館


    学校、大学


    政府機関


    銀行


    IDカードにはどのような情報が表示されますか?


    以下にいくつか例を示します。ただし、このような小さな領域に多量の情報を記載すると、カードの認証が難しくなるので注意してください。


    会社のロゴ、名前、詳細


    カード所有者の名前、写真のID、署名


    スタッフのID番号、役職


    バーコード


    セキュリティアクセスレベル


    「紛失時」の戻り先の詳細

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数