検索キーワード履歴

    正弦波フィルタ

    正弦波フィルタは、最適な性能を実現するために、電気回路に正しい周波数を提供する目的で使用される受動部品です。このフィルタはローパスデバイスです。つまり、低周波数信号は通過させますが、高周波信号はブロック又は阻止します。

    通常、長いケーブルを必要とする回路には、矩形パルス幅変調(PWM)信号を滑らかな波形電圧に変換する正弦波フィルタが付いています。これにより、モータの絶縁にかかる応力が軽減され、早期の回路損傷を防止し、ACモータドライブの寿命が長くなります。

    正弦波フィルタの用途

    正弦波フィルタで、電圧スパイク、 ケーブルストリッピング、 電流損失及び過熱による損傷からモータ巻線とベアリングを保護します。このフィルタは、ポンプ、 換気装置、 コンベア、 コンプレッサ、 エレベータ、クレーンなどの装置で使用されます。

    正弦波フィルタの種類

    密閉型又はオープンパネル型があります。

    • 密閉型フィルタは、事前にボックスに組み込まれており、現場に設置して調整、 取り付け、配線は不要ですぐに使用できます。
    • オープンパネル型フィルタは、組み立て済みで、必要に応じて背面パネルにアクセスして、取り付けや配線ができるようになっています。

    表面弾性波(SAW)フィルタの用途

    表面弾性波(SAW)フィルタは、トランスデューサによって弾性波に変換される電気入力信号のフィルタです。トランスデューサには、波形を作成したり受信したりするために使用される一連の金属電極があり、 これにより、電気信号が弾性波に変換されてから電気信号に再変換されます。各フィルタの周波数は50 MHz → 3 GHzの間に制限されています。SAWフィルタは、化学、 光学、熱などのさまざまな産業で一般的に使用されています。幅広い温度 (通常は-25 → 85 °C) で動作できるため、各種の用途に適しています。デジタル産業で、携帯電話などのタッチスクリーンディスプレイの製造によく使用されています。

    SAWフィルタの最も一般的なタイプは、バンドパスフィルタと呼ばれています。このフィルタは一般的に小さく、 比較的低い周波数での動作中に処理できるなど、幅広い利点があります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数