型番

正弦波フィルタ

正弦波フィルタとは、最適な性能を実現するために、電気回路に正しい周波数を提供する目的で使用される受動部品です。このエレメントは、正弦波フィルタとも呼ばれ、ローパスデバイスです。つまり、低周波信号は通過させますが、高周波信号は阻止又は妨げます。 


より長いケーブルが必要な回路には、通常、矩形パルス幅変調(PWM)信号を滑らかな波電圧に変換するための正弦波フィルタがあります。これにより、早すぎる回路損傷を防ぎ、モータの絶縁へのストレスを軽減してACモータ駆動装置の寿命を延ばすことができます。


正弦波フィルタは、どのような用途に使用されますか?

正弦波フィルタは、電圧スパイク、ケーブルの剥離、電流損失、及び過熱による損傷からモータ巻線やベアリングを保護します。 

 

このフィルタは、ポンプ、換気装置、コンベア、コンプレッサ、エレベータ、クレーンなどの装置に使用されます。

 

正弦波フィルタの種類

収納型又はオープンパネルのバージョンがあります。

  • 収納型フィルタは事前にボックスに組み込まれた状態で提供され、調整、取り付け、又は配線が不要で、すぐに使用できるように現場で設置できます。
  • オープンパネルフィルタは組み立てられており、ユーザーが任意に取り付け、配線できるように背面パネルにアクセスできる状態になっています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数