検索キーワード履歴

    コンデンサマイク

    コンデンサマイクとは?

    コンデンサマイクコンポーネントは、コンデンサマイクを構成する部品で、 振動ダイアフラムと固定金属プレート(コンデンサ)によって音声を生成します。コンデンサマイクは、DC (直流)バイアス、又は高周波で動作します。一般に、ステージでのライブパフォーマンスではなく、スタジオレコーディングで使用されます。

    コンデンサマイクの仕組み

    コンデンサマイクは、ある種のコンデンサを使用して動作します。この受動部品は、固定金属プレートの横にある薄いメンブレン(別名ダイアフラム)で構成されています。音波がコンデンサにぶつかると、ダイアフラムが振動して、固定プレートに対して動き、 波動を電気信号に変換します。この電気信号がブロードキャストされます。

    コンデンサマイクコンポーネントの種類

    マイクコンデンサによっては、主に出力音質に違いが生じます。音質は、コンデンサのSN比、感度、及び指向性 (無指向性か、単一指向性か)、又はノイズキャンセリングの影響を受ける場合があります。さまざまなサイズのものがあり、スルーホールリードワイヤ又は表面実装タイプがあります。

    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数