型番

安全カラビナ

安全カラビナは、高所又は危険な状況で作業するときに必須のPPE装置です。 この理由は、作業者が工具を落として、 下にいる作業者に大怪我を負わせ、実務時間が短かくなる場合もあるためです。安全カラビナは、カラビナとも呼ばれます。

元々、 カラビナは、ロープを使用する特定の状況やスポーツ、 たとえば、ロッククライミング、 セーリングや登山 で使用されていましたが、現在、カラビナは数多くの個人やさまざまな業界、たとえば、建設業、 屋根工事、 メンテナンス、 通信及び一般産業で広く使用されています。

カラビナは、アルミ、 スチール、 ナイロン、 ステンレススチール、 ポリエステル、プラスチックなどさまざまな素材で作られています。要件に応じて、 各種サイズを取り揃えています。スプリング式クリップ又はねじロック式があり、工具に簡単に取り付けることができます。

カラビナの種類

カラビナにはさまざまな種類があり、 最も大きな違いは形状と設計で、 それぞれの動作は少し異なります。楕円形が最も基本的で、重量を均等に分散できます。D型の非対称形状は、オフセットDとも呼ばれ、最も強力で最も耐久性があり、荷重がカラビナの主軸に伝わるもので、 ほとんどの登山者が登山活動に使用するのはこちらです。D型カラビナはゲートの開口幅が広く、 簡単にクリップできます。洋ナシ型は、 HMSタイプとも呼ばれ、最も使いやすく、 このHMSタイプのゲートは、他のカラビナよりも大きく開くことができ、 容易に識別できるように、カラビナにHMSとマークされている場合があります。

カラビナにはさまざまなロック機構もあり、 自動ロック又はセルフロックで、ゲートが閉じるとロックするものと、手動でロックするものがあります。 後者は、ねじロック又はねじゲートと呼ばれ、 使用者がスリーブをゲートにねじ込んで、ロックする必要があります。ロックなしのカラビナにはスプリング式のゲートがあり、開いた後は元の位置に戻ります。また、ダブルロッキングカラビナであるDMMカラビナもあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数