検索キーワード履歴

    圧力減圧弁

    減圧バルブは、水道からの過剰な圧力に対して水設備を保護する設計の特殊バルブです。家庭の水回りや、工業用 / 商用用途に使用できます。設備内の圧力を調節するだけではなく、騒音対策や節水も行い、流量レベルを一定に維持します。

    減圧バルブには、現在の圧力レベルを表示し、リアルタイムで状況を監視可能なゲージを装備できます。

    減圧バルブの動作
    減圧バルブは、グローブスタイル、バネ式ボディタイプ、耐熱性ダイアフラムを使用しています。バルブ出口に接続されているダイアフラムはバネで動作します。このバネはあらかじめ設定済みの張力をバルブシートに保持し、圧力コントロールが設置され、目的のレベルに到達すると圧力を解放します。

    減圧バルブを使用する利点:
    • 節水 - 水の供給圧力が高いほど水流が大きく、水の無駄な消費が増えます。家庭用及び商業用途では、高い水圧は必要ありません。減圧バルブは、全設備に流れる水圧を制御し、より低い機能的な出水圧を実現します。
    • 省エネ - 温水システムはより効率的に動作し、低圧水の加熱に消費するエネルギーは少なくなります。家庭で使用されている水のうち約30 %が加熱されるため、そのためのエネルギーが必要です。 システム内の圧力と流水量を減らすことで、加熱に必要なエネルギーも同時に削減できます。
    • 廃水の削減 - 水設備全体に送られる水圧が下がると、家屋内で使用される水量は少なくなります。これは経済的メリットがあり、廃水処理が減少します。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数