検索キーワード履歴

    圧力リリーフバルブ

    圧負荷によりシステムの致命的な障害につながるおそれがある場合は、圧力リリーフバルブが不可欠です。圧力バルブ(PRV)は、圧力が上限に達したときに開いて作動し、ガス、液体、液体とガスの混合物をシステムから逃がします。この方法はシステムに応じて異なりますが、通常は、リリーフバルブで誘導される最も抵抗の少ない経路をたどる方法によって適宜廃棄します。誘導されたガスは大気中に放出するか燃焼させ、液体は保管又は排出することができます。

    システム内で十分な平衡が達成されたら、再度必要になるまで圧力リリーフバルブを閉めます。これらの安全弁は高圧システムの重要なコンポーネントです。これは、圧力の上昇は装置の非効率的な動作、故障といったことや爆発や火災のリスクにまでつながるおそれがあるためです。

    PRVかPSVか?

    圧力リリーフバルブは、圧力安全弁と同様に動作するため、これら2つの用語は同じ意味で使用されることがあります。ただし、主な相違点は、PRVが圧力を調整するために徐々に動作し、PSVは急激な圧力上昇に対処するために迅速に動作するということです。このため、PRVは通常液体システムで使用されることが多く、PSVは通常ガスシステムで使用されます。

    用途

    圧力リリーフバルブは、さまざまな作業環境や機器のタイプで使用されており、作業場の安全に不可欠です。RSコンポーネンツでは、お客様の用途に対応できる一流ブランド各社の高品質の圧力リリーフバルブを取り揃えています。

    温水システム

    水は、室温からどれくらい温められているかに応じて体積が3 %膨張する可能性があるため、圧力リリーフバルブは温水システム及びボイラー(家庭用及び商業用設備の両方)で一般的に使用されています。温水の流れがスムーズで途切れないようにするために、PRVは、セントラルヒーティングシステムの不要な圧力を逃がすために必要です。

    ガスシステム

    圧力調整は、ガス式工具と装置を使用する場合には欠かせません。ガスシリンダーを使用している場合、過圧は致命的なリスクにつながるおそれがあるため、工場フロアからビールの貯蔵庫に至るまでガス式システムが設置されている場所では、いずれかの種類の圧力リリーフバルブが使用されています。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数