型番

油圧ハンドポンプ

油圧式ハンドポンプは動作に電力を必要としないため、電源に依存せずに作業でき、非常に携帯性に優れています。これらのハンドポンプは液体を手動で移送し、充填、圧力テスト、水圧テストを含むさまざまな用途に実用的でコスト 効果の高い ソリューションです。これらの手動ポンプは、単動(変位が前進ストロークのみ)又は複動(変位が前方 / 後方ストーク)です。

RSコンポーネンツでは、油圧式ハンドポンプを含む広範な油圧装置を取り揃えています。これにはさまざまな要件に適したモデルが含まれ、 ハンドルを操作することで排出される液量が変化します。これらの油圧ハンドポンプには、さまざまなポンプスタイルと流量のタイプがあり、さまざまな用途に適した圧力方式を取り揃えています。

仕組み

油圧式ハンドポンプは流体リザーバを備えていて、これは通常レバーによって操作されます。 レバーを下向きにポンプすると、流体に圧力がかかり、出口を通って排出されます。レバーを上向きにポンプすると、入口から水が吸い込まれ、 次の動作のためにリザーバがリセットされます。 油圧ハンドポンプは、出口から流体が吸い込まれないようにするためのセーフガードバルブを備えています。多くの油圧式ハンドポンプは「複動」タイプで、レバーの上向きストロークと下向きストロークの両方で力が生成され、 効率性が向上しています。

油圧ハンドポンプの特長と利点:

  • 操作が簡単 電源が不要
  • 耐久性に優れる
  • 低メンテナンス
  • ポータブル
  • コスト効果が高く、実用的
  • 1速又は2速
  • 単動又は複動のハンドポンプ

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数