検索キーワード履歴

    油圧ブリーザーキャップ

    油圧ブリーザーキャップは、湿気や粒子の汚染物質から機器を保護するために使用する部品です。水蒸気は、ポンプサイクルによって空気から取り出され、再度大気に排出されます。つまり、湿気はブリーザーキャップの開閉により、フローサイクルごとに機器に影響を与えます。またこのキャップによって、塵の粒子が機器内に入ることを非常に効率よく防ぐこともできます。


    油圧ブリーザーキャップは何に使用しますか?


    油圧システム内に閉じ込められた空気は、72 °Cを超えると大幅に膨張します。これは機械の振動と不安定な動作を引き起こすことがあります。油圧ブリーザーキャップは、閉じ込められた空気を解放して、システムを安定させます。ブリーザーキャップは、一般的に、油冷却電気トランスで使用されます。ギアボックスの通気部品に含まれることもあります。


    移動式機器(ガソリンタンカーなど)では、輸送中の可燃性素材の動きによる爆発を防ぐためにブリーザーキャップが取り付けられています。

    油圧ブリーザーキャップの種類


    油圧ブリーザーキャップには、追加の弁(二重又は真空)があるものや、検油棒オプション付きのものもあります。また、油圧オイルの漏れと塵埃粒子の混入を防ぐシーリングディスクをキャップに取り付けることもできます。ブリーザーキャップの構成には、ねじ式、ねじ込み式又はバヨネットがあります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数