型番

油圧ボールバルブ

油圧ボールバルブは、油圧システムで流体を誘導及び制御するために使用される特殊な産業用バルブです。 通常はスチール、 ステンレススチール又は黄銅で作成されるこの産業用バルブは、多くの場合、高圧や高温での動作に必要とされます。 RSコンポーネンツでは、ParkerやRS PROなどの主要ブランドの高品質な油圧バルブを幅広く取り揃えています。

油圧ボールバルブの構造

油圧ボールバルブは、他のボールバルブと同じ方法で製造されます。アクチュエータ又はハンドル、ステム、 ボール、 シート及びねじ山が付いたメインのバルブ本体から構成されます。ただし、 油圧システムはよく高圧及び高温になるため、ステム、 シート、 シール材及びボールは通常強化されており、高圧や力に対応できます。

油圧バルブの種類

油圧ボールバルブには通常、2つ又は3つのポートがあり、 2方向又は3方向と呼ばれることもあります。ほとんどは、ハンドル又はレバーで手動で操作します。

2方向油圧ボールバルブ

2方向ボールバルブは、バルブ本体の両側がねじ接続のインラインバルブです。このタイプのバルブを開くと、レバーが配管と一直線になり、バルブを閉じると、ハンドルがパイプに対して90度になります。流体はシンプルに入力から出力に流れます。

3方向油圧ボールバルブ

3方向ボールバルブには、T字形又はL字形の穴があります。3方向バルブのボディには、3つのねじ式接続があります。3方向バルブのフロー方向には、ハンドルの回転方向に応じて、さまざまなフロー経路があります。3方向バルブは、フローの混合又は分配に最適です。

ねじの規格とサイズ

選択するねじの規格とサイズは、現在の油圧システムでのパイプ、 ホース、 カップリングと継手によって異なります。適切なねじ規格とサイズを選択することが重要です。そうでないと、 深刻な問題が発生することがあります。最も一般的なねじ規格は、BSP (英国規格パイプ)又はNPT (米国管用テーパーねじ)です。BSP及びNPTねじはねじ形状が異なるため互換性がないことに注意してください。BSPねじとNPTねじには、インチ、 3/8インチ、 インチ、インチ、及び1インチを含むさまざまなサイズが揃っています。

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0