型番

空圧ロータリユニオン

空圧ロータリーユニオンは、 ロータリージョイントとも呼ばれ、 空圧システムで部品間の回転を可能にするために使用されます。空圧ロータリー継手は固定部品と可動部品の間に取り付けられます。またこれは、圧縮空気やガスが部品から部品に、 そして空圧システムの残りの部分に簡単に流れるようにします。例えば、ロータリーユニオンを空圧チューブと回転ドラムの間に取り付けます。

空圧ロータリユニオンは、高圧環境で使用でき、絶え間のない動きに耐えるように設計されています。 空圧ロータリユニオンは一般的に、耐腐食性を持つステンレススチール製です。

ロータリユニオンの構成:

  • ハウジング
  • シャフト
  • ベアリング
  • シール

空圧ロータリーユニオンの仕組み

ロータリーユニオンは、固定部品と可動部品の間のインターフェイスとして機能します。ガスは空圧ロータリーユニオンに入り、ユニオンが回転している間そこに保持されます。バルブの開口部が一致すると、 継手からガスが放出されます。ガスが放出されると、 ロータリーユニオンにまたガスが入り、 プロセスが繰り返されます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
3
/
0
1ページの商品数
ページ
3
/
0
1ページの商品数