型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

空圧ロータリアクチュエータ

空圧ロータリアクチュエータは、圧縮空気で作動する装置の一種で、シャフトにより回転動作を生成して、接続された機器の速度と回転を制御します。

アクチュエータは、エネルギー源を受け取って変換し、それを利用してオブジェクトを移動又は操作します。アクチュエータのタイプにはリニア又はロータリがあり、 つまり、対象物を円形に回転動作で動かせます。 ロータリアクチュエータを購入する際には、回転角度、 作業に必要な空気量、 素材とインターフェイスなどを考慮する必要があります。

空圧ロータリアクチュエータの種類:

複動式(ピストンの両側に空気が供給される)と単動式(片側のみに空気が供給される)の両方の設計があります。

  • ラックアンドピニオン式ロータリアクチュエータ - このタイプのアクチュエータは、ベーンタイプに比べて回転とトルクの範囲が優れており、通常サイズが大きく、速度が必要な中程度の負荷の用途に適しています。 また、ベーンタイプよりも寿命が長くなっています。
  • ロータリベーンアクチュエータ - このアクチュエータは、ラックタイプより回転が制限され、軽い負荷によく使用されます。

空圧ロータリアクチュエータの仕組み


ロータリアクチュエータの空圧接続に圧縮空気を接続すると、シリンダのストロークが揺動回転動作になります。

空圧ロータリアクチュエータの用途

このアクチュエータは一般的に、搬送、 クランプ、 部品の移動、 位置決め、 及びバルブ制御などの産業用途で使用され、危険区域でも使用できます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数