型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

空圧シリンダ・アクチュエータ

当社では、ISO / VDMA プロファイル / ラウンドラインコンパクト、 ミニチュア、 スライド、クランプなど、幅広い空圧シリンダとアクチュエータを取り揃えています。さらに、 ピックアンドプレース用のグリッパー、 エアベローズ、 及びショックアブソーバなどを、 Festo、 Parker、RS Proなどの市場で高い信頼性を誇るブランドの製品からお選びいただけます。

空圧シリンダの仕組み

空圧シリンダシステムは、圧縮ガスの力を利用して動力を生成します。この動力は、シリンダロッドを押して、 リニアでもロータリでも ピストン(ディスク)を目的の方向に動かします。

エアシリンダは、油圧シリンダよりも静かでクリーンである傾向があり、 そのため、漏電による周囲の汚染の危険がないため、機械用途においてエンジニアによく選択されます。 ロッドレスシリンダの形式もあり、 これは、従来の空圧シリンダに必要なスペースよりも大幅に小さいスペースで大きな出力が必要な場合に特に便利です。

空圧シリンダの制御方法

空圧シリンダはアクチュエータを介して制御できます。 アクチュエータは、メカニズム又はシステムの運動を制御する構成部品であり、制御信号とエネルギー源の組み合わせによって作動します。 これは、このケースでは空圧です。アクチュエータが信号として圧力を受けると、 エネルギーを機械的な動作に変換します。アクチュエータが起こす動作の種類に応じて、アクチュエータは 2つの主要タイプである、リニアアクチュエータとロータリアクチュエータの2つのタイプに区別されます。

空圧アクチュエータの利点

  • 空圧アクチュエータは、高圧で圧縮空気によって形成されたエネルギーをモーション(直線又は回転)に変換し、 比較的小さな圧力変化で大きな力を生み出します。
  • 他のタイプより高性能で低価格であり、
  • 多くの場合、信頼性と安全性も他のタイプよりも優れています。
  • システムを機能させるために、エネルギー源をリザーブに保管する必要はありません。 このため、必要に応じてすばやくシリンダを始動及び停止できます。

空圧シリンダ及びアクチュエータの用途

製造業(開バルブやロータリベルトなど)や自動車分野( 車やトラックのブレーキやサスペンション)において、 メインエンジン制御システムで使用されます。