型番

キーボックス・鍵収納

キーキャビネットとは


キーキャビネットまたは鍵保管庫は、職場や家庭の鍵を安全に整理するのに最適です。 施錠可能なキャビネットに保管することで、セキュリティを向上させ、 安全に保管でき、施錠された保管庫に鍵が保管されていると知ることで安心感も得られます 。

収容能力が3 〜 50 本と異なる各種の保管キャビネットは耐腐食性で、通常はヒンジドア付きの軟鋼製です。単純な鍵または掛け金カムロックで確実に固定され、無差別的な窃盗から保護します。 多くの場合、キーを個別に保持するためのスリムライン設計です。 キャビネットの背面パネルからキーフックを押し、キーリングに合わせて曲げます。 通常は番号が付けられておらず、鍵束や長い鍵を保管する必要がある場合には柔軟には対応できません。


システムキー保管キャビネットとは
システムキー保管キャビネットには、同様のロック機構があります。 取り外し可能で高さ調整可能なフックバーがあり、規格外の鍵や鍵束を柔軟に保管できます。 多くの場合、このシステムキーキャビネットには色分けされた番号付きのキーシステムがあり、キーリングに番号付けされたフックバーと照合するキータブで構成されています。 ボックスの主な容量はキャビネットのサイズによって異なりますが、多くの場合、鍵保管数は 20 〜 600 本で、すべてのボックスは壁面取り付け型です。 長い鍵束を保管するために本体が非常に深いものもあり、不動産仲介業や自動車販売店に適しています。 このキーキャビネットシリーズには、再プログラム可能な機械式ダイヤルや機械式デジタルロックなどのキーレスロックも装備できます。 このタイプのロックは彫り込み錠またはスラムシャットで、セキュリティを強化します。 さまざまな洗練レベルとコストのデジタル電子ロックも装備できます。

セキュリティユーロシリンダロックを装備したキーキャビネットは、組織内の他のキーロックと照合することができます。 また、高セキュリティのダブルボルト式キーロック付きのキーキャビネットもあり、セキュリティ保管庫と同じ高強度ボルトシステムのリリースをトリガします。 セキュリティキーロックは、鍵の使用者と場所を監視する監査制御機能付き / なしの電子デジタルロックにアップグレードできます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数