検索キーワード履歴

    計装アンプ

    計装アンプは、ゲインブロックの一種として、イン・アンプ、インスツルメンテーションアンプとも呼ばれます。ストレイン・ゲージなどからの微弱な差動信号を増幅し、ノイズなどの同相信号を除去する特殊なアンプで計測用途に使われます。

    計装アンプの動作

    計装アンプは、一対の差動入力端子と、基準端子(Vref)を電位基準とするシングルエンド出力で構成され、ノイズの多い環境で小さな信号を測定します。一般に、ノイズはコモンモードノイズ(ノイズフリーコモンモード電圧と実際のコモンモード電圧の差)です。計装アンプはコモンモード除去機能を使用して、ノイズと必要な信号を区別します。

    計装アンプの用途

    計装アンプはノイズの多い環境や、大きな同相信号がある環境下でも、直流精度と正確なゲインを維持しなければならない産業用計測アプリケーションで使用されています。一般的な用途には産業用計測器、データ収集機器、医療機器などがあります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数