アンプ・コンパレータ

当社では、既存の設計や将来のプロジェクトを強化できる最新のテクノロジーを含む、幅広いアンプとコンパレータを取り揃えています。

アンプとは何ですか? 何に使用しますか?

アンプは入力信号の出力を増幅するために使用する素子です。一般にオーディオ機器で使用されます。アンプは、電源から電力を引き出し、元のオーディオ信号特性に沿ったまま、振幅が大きい信号を別個に生成します。

アンプは、マイク、エレキギター、その他の楽器など多くの消費者製品で使用されている極めて一般的な電子部品です。これらは産業用途でも使用されています。たとえば、RFアンプは、プロセス制御システムのRF制御装置で使用されます。

コンパレータとは何ですか? 何に使用しますか?

コンパレータは、アンプと同様の機能を持つ電子装置ですが、信号を増幅するのではなく、2つの入力を取り、高い方の入力レベルに出力を一致させられる点が異なります。

アナログ信号をデジタル信号に変換するために使用されることが多く、アナログレコードをデジタル音源に変換するなどの目的で使用されます。産業用途では、ヌル検出器、レバーシフター、及びゼロクロッシング検出器で使用されます。

どのような種類のアンプやコンパレータがありますか?

特定の目的機能に適合するさまざまな種類のアンプやコンパレータがあります。一般的なタイプの概要を以下に示します。

  • オペアンプ - オペレーショナルアンプの略で、通常は出力が1つの高ゲインアンプです。
  • 計装アンプ - 複数のバッファアンプと通常3つのオペアンプが設計に組み込まれています。さまざまなタイプのテスト機器で使用されます。
  • 絶縁アンプ - 回路の損傷の原因となる電圧変動から回路部品を保護する安全装置として使用されます。
  • コンパレータ - 受信している複数の信号の入力電力を比較し、電力が最も高い信号に基づいて信号を出力します。
  • オーディオアンプIC - アンプ一式を搭載し、小型の素子で複雑な増幅を実現する集積回路です。