検索キーワード履歴

    RFアンプ

    RFアンプは、高周波の電力を増幅し、希望の入力周波数範囲に同調します。弱い信号に対して、ゲイン、バッファリング、ドライブを加えることもできます。RFアンプは通信テスト、医療診断、音声通信、データ通信など様々な用途に使用されています。


    RFアンプの種類


    高周波回路のうち送信回路に使われるRFアンプは「パワーアンプ(PA)」と呼ばれます。受信回路に使われるRFアンプは「ローノイズアンプ(LNA)」または「プリアンプ」と呼ばれます。


    一般的な使用例は、次のとおりです。


    • RFアンプの電力ゲイン - 信号が弱くて回路内の他の場所で利用できない場合は、アンプを使用して増幅できます。ノイズや歪みを最低限に抑えつつ、信号レベルを増幅します。また、アンテナの信号のように非常に低レベルの信号に対しても使用できます。
    • RFパワーアンプ - この電子アンプは低電力の無線周波数信号を高電力の信号に増幅します。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数