検索キーワード履歴

    RFモジュール

    RFモジュールは、一般に「無線周波数」モジュールと呼ばれており、 2台の機器の間で無線信号を送受信するための小型の電子デバイスです。通常は、エンコーダ / デコーダのペアと併用されます。エンコーダによって、パラレルデータがエンコード後に送信され、受信側のデコーダによってデコードされます。

    RFモジュールの主な機能

    無線周波数モジュールは、ワイヤレス通信に最も適しています。 これは、ワイヤレス通信では直接見通せる必要がないためで、代替手段の 赤外線とは対照的です。 赤外線はほとんどの場合、見通せる状態で動作します。RFモジュールの周波数の範囲は3 KHz~300 GHzで、 低周波数帯は潜水艦やラジオ局などの用途に使用され、高周波数帯はGPS、 Wi-Fi、 Bluetooth、テレビ放送などの用途に使用されています。RFモジュールの主な機能は、次のとおりです。

    • 信号のトランスミッタとして機能
    • 無線信号を検出するためのソリューション
    • 2台の機器間の通信をブリッジ
    • RFでアプリケーション間の通信距離を延長可能
    • レシーバモジュールとして機能

    ご存知でしたか?

    無線周波数用途の性能は、いくつかの要因によって異なります。トランスミッタの出力を上げることで、 通信範囲を大きくすることができますが、これは電源からの電力流出の原因にもなり、バッテリ駆動機器の寿命低下につながる場合があります。また、送信出力をより高くすることで、 他の無線周波数との干渉が発生するおそれがあります。

    RFモジュールの主な用途

    • 自動車用警報装置
    • リモコン
    • センサのレポート機能
    • オートメーションシステム
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数