検索キーワード履歴

    静電容量式タッチセンサ用デジタルコンバータ

    キャパシタンス-デジタルコンバータは、静電容量値をデジタル値に変換する電子デバイスです。

    キャパシタンス-デジタルコンバータの動作

    キャパシタンス-デジタルコンバータは、最大1 nFの静電容量センサのインターフェイスとして機能します。このセンサのケーブルでは、静電容量は最大1 nFまで許容されます。このタイプのコンバータは、静電容量型MEMS (マイクロ電子機械システム)センサとのインターフェイスとして機能し、値をデジタル値に変換することもできます。

    一部のキャパシタンス-デジタルコンバータは、適応しきい値アルゴリズムを備えており、湿度や温度などの環境要因によってセンサの静電容量が変化した場合にそれを補正するように設計されています。

    キャパシタンス-デジタルコンバータの種類

    このコンバータには、変換レートや 解像度が異なる、さまざまな構成タイプがあります。

    また、MSOP (小型アウトラインパッケージ)などのさまざまなパッケージタイプもあります。 SSOP (シュリンクスモールアウトラインパッケージ) TSSOP (薄型シュリンクスモールアウトラインパッケージ)

    用途

    キャパシタンス-デジタルコンバータには、次のような幅広い用途があります。

    • 近接センサ
    • 位置検出
    • レベル検出
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数