検索キーワード履歴

    PINダイオード

    PINダイオードとは?


    PINダイオード(p-intrinsic-n diode)は、PN接合の間に真性半導体であるI層を持つ、3層構造にしたダイオードです。高周波ダイオードの中で代表的な製品です。順電圧では可変抵抗のように働き、逆電圧ではコンデンサとして利用できます。


    PINダイオードの用途


    PINダイオードは、PN間に電気抵抗の大きな真性半導体層を挟んでいるので、ダイオードの中で最も端子間容量(CT)が小さいダイオードです。直列抵抗が低く、周波数特性が高い特徴があります。そのため、高周波の通信ラインに影響を及ぼしづらいことから、携帯電話や無線LAN機器のスイッチング素子に使用されています。PINダイオードは流れる電流によって抵抗が変わるので、高周波の可変抵抗器、受信用アッテネータ、AGC回路用の可変抵抗素子によく利用されます。また、逆電圧をかけた時には、コンデンサとしての役割も果たすことができます。


    PINダイオードのI層について


    PINダイオードのI層は真性半導体(不純物を含まない半導体物質)とは言うものの、純粋な真性半導体では抵抗値が大きすぎて電流を流すことが難しくなるため、実際には不純物濃度が低いn型半導体です。一般に使用されているn型半導体に比べれば真性半導体に近い特性です。高抵抗ベース層と呼ばれることもあります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数