ディスクリート

当社では、トランジスタ、ダイオード、整流器、モジュールにわたって、さまざまなディスクリートを幅広く取り揃えています。ON Semiconductors、Vishay、Infineon、DiodesZetexなど、複数のブランドから選択できます。

ディスクリートとは?

ディスクリートは、基本的に集積回路の反対です。基板(PCB)のように複数の半導体コンポーネントの集合ではなく、単一の半導体として1つの機能しか果たさない単独回路です。

一般に高出力又は高周波数機能用に作成されているため、専用のパッケージが必要です。

ディスクリート素子の例をいくつか挙げてください。

単独デバイスの例をいくつか示します。

  • サイリスタ: この種の半導体は、特定量の電流を通すスイッチとしてよく使用されます。
  • ツェナーダイオード: 電圧レギュレーションに使われる最も一般的なタイプのコンポーネントです。
  • バイポーラトランジスタ: アナログ回路で正負両方の電荷を運びます。
  • ブリッジ整流器: ダイオードの特定の構成からこの名が付いています。
  • MOSFETトランジスタ: 金属酸化物半導体電界効果トランジスタは、信号のスイッチングと増幅に広く使用されています。
  • トライアック: 電流を両方向に流せる双方向スイッチです。
  • JFETトランジスタ: 接合型電界効果トランジスタは、電圧制御によって抵抗が発生します。
  • 整流器 / SBDダイオード: 電圧降下が低く、非常に高速なスイッチングが可能です。
  • ダイアック: サイリスタのトリガーによく使用されます。
  • バラクタダイオード: 日常的な電気製品でよく使用されています。印加電圧によって制御されます。

ディスクリートの用途は何ですか?

これらはエンジニアリングの最も基本的な部品であるため、産業用途でもコンシューマー用途でも幅広い用途があります。

  • 省スペース: ダーリントントランジスタは、2個のトランジスタよりも占有スペースが小さくなります。
  • トリガー: ダイアックを使用して、トライアックをトリガーできます。
  • アプリケーションの切り替え: JFETトランジスタはこのように使用されることが多いです。
  • アナログ / デジタル: MOSFETトランジスタはどちらでも使用できます。
  • パワーコントローラ: サイリスタはこのためだけに使用されることがよくあります。
  • 電圧レギュレータ: ツェナーダイオードはこのような処理に最もよく使用されます。