検索キーワード履歴

    ディスクリート

    ディスクリートは、単一目的のために使用される単一機能の半導体を指します。複数の半導体素子を1つのチップに搭載した集積回路とは異なり、単一の半導体として1つの機能しか果たさない電子部品です。


    ディスクリート半導体の種類


    一般的に使用されているディスクリート半導体には、以下のようなものがあります。


    • サイリスタ‐制御電極の電圧を変えることによって,電流を制御する機能をもつ半導体です。小さな制御電力で大電力の制御ができ、スイッチング速度が速いため、スイッチとしてよく使用されています。
    • ダイオード‐電流を一方向に流す性質を利用したもので、電圧レギュレーションに使われる最も一般的なコンポーネントです。電子回路の動作に必要な一定の電圧を得るためのツェナーダイオード、静電容量が可変的なバリキャップ、静電放電から回路破壊を防ぐ保護用ダイオードなどがあります。
    • トランジスタ‐トランジスタは三端子持ち、入出力以外にスイッチングを行い、電流を増幅させます。バイポーラトランジスタを始め、大電力下でのインバータに使用されるIGBT、増幅回路やスイッチング素子として用いられる接合型電界効果トランジス(J FET)などがあります。
    • パワーモジュール‐回路構成が複雑な電源回路などにおいて、ダイオードやトランジスタといったパワー半導体を既に搭載させ、そのまま使えるようにしたものです。IGBTなどもパワーモジュールに分類されます。

    ディスクリート半導体の用途


    小電力から大電力まで電気エネルギーの変換や応用機器の保護に用いられるディスクリート半導体は、情報・通信、車載・産業、発電・送電など、さまざまな分野で利用されています。