検索キーワード履歴

    バラクタダイオード

    バラクタダイオードは、逆方向電圧を印加することで静電容量が変化するダイオードです。可変容量ダイオードや、バリキャップとも呼ばれています。印可電圧によって静電容量が非直線的に変化するため、周波数変調や自動周波数制御などに用いられます。

    バラクタダイオードの特性

    このダイオードは、PN接合によって構成され、空乏層の容量特性を利用したデバイスです。ダイオードのPN接合部分に逆電圧を印加すると空乏層が発生し、逆電圧に比例して空乏層の厚みが変化します。このため、逆電圧を大きくすると空乏層も大きくなり、静電容量(接合容量)は下がります。反対に逆電圧が低くなると静電容量は大きくなります。

    バラクタダイオードの用途

    バラクタダイオードは、TV/AM/FMラジオなどのチューナー同調用、携帯電話などの移動体通信など、電波を受信するような機器でよく使用されます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数