クロスポイントスイッチ

クロスポイントスイッチは、マトリックス構成で配置されたスイッチの集合です。クロスバースイッチ又はマトリックススイッチとも呼ばれています。並列処理ユニットを接続するマルチステージ相互接続ネットワークなどのコンピューティングで使用されます。




クロスポイントスイッチは、どのように機能しますか?


半導体に実装される場合、クロスポイントスイッチは、通常、半導体デバイス内の「メタライズ」又は「バー」と呼ばれる金属塗装された一連の部品に接続された入力アンプ又はリタイマのセットで構成されます。同様のバーのセットが、出力アンプ又はリタイマに接続されています。パストランジスタは、バーが交差する各クロスポイントに実装されています。これにより、バーが接続されます。パストランジスタが有効になっている場合は、入力が出力に接続されています。




クロスポイントスイッチの種類


クロスポイントスイッチには、さまざまなサイズのマトリックス構成があります。これは、3 x 3、さらには1 x 1の配列から、40 x 40などの大きいマトリックスに至るまで多岐にわたります。また、スイッチ周囲のピン数(10本~350本のピンが含まれます)によって、取り付け可能なデバイスが決まります。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) アレイ構成 アレイ数 3dBバンド幅 カテゴリー シングル 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 標準シングル供給電圧 標準デュアル供給電圧 寸法 高さ 長さ 動作温度 Max
RS品番 911-2896
メーカー型番SY58023UMG
メーカーMicrochip
¥1,271.00
購入単位は1個
2 x 2 2 6000MHz 汎用 単一電源 表面実装 MLF 16 2.5 V、3.3 V - 3 x 3 x 0.8mm 0.8mm 3mm +85 °C
RS品番 146-0323
メーカー型番SY58023UMG
メーカーMicrochip
¥1,017.60
購入単位は100個
2 x 2 2 6000MHz 汎用 単一電源 表面実装 MLF 16 2.5 V、3.3 V - 3 x 3 x 0.8mm 0.8mm 3mm +85 °C