インターフェース

当社の広範なインターフェースICからお選びください。当社では、世界中の主要な半導体メーカーの製品を取り扱っており、お客様の用途に最適な製品をお選びいただけます。

インターフェースICとは何ですか?

インターフェースICとは、互換性のない2つのシステム間(又は装置のコンポーネント間)のリンクとして機能する集積回路です。電子機器では、機器間で情報を共有することが重要です。このような機能を利用する用途は数多く存在します。例えば、電気通信、自動化、さらにはオーディオ処理にも使用されています。

当社の広範なインターフェイスIC製品には、次のようなものがあります。

  • ADSLラインドライバ: バッファのように機能し、ラインレベル信号を増幅する電子回路。デジタルシステムでは、デジタル信号をデバイス間で伝送できます。特に、通信システムではADSLラインドライバが使用され、ADSLラインレシーバと併用することもできます。
  • イーサネットコントローラ: イーサネット通信を制御するICチップ。インターネットケーブルからのデータはイーサネットコントローラに転送され、イーサネットコントローラはコンピュータが処理できる方法でそれをデコードします。

イーサネットトランシーバ: イーサネットトランシーバは上記の同じカテゴリに属し、ネットワーク内のデバイスを接続し、その名が示すとおり、送信機と受信機を構成します。MAU (メディアアクセスユニット)とも呼ばれます。

どのようなトランシーバがありますか?

トランシーバは、受信機と送信機を統合できる利便性のため、電子通信業界では非常に人気のあるカテゴリです。当社では、イーサネットトランシーバに加え、次のようなその他の種類の製品も取り扱っています。

  • CAN (コントローラエリアネットワーク)トランシーバ: CANプロトコルコントローラとバスラインのワイヤ間のインターフェースとして使用されます。
  • LVDSトランシーバー: 名称が示すとおり、データを取得するために低電圧差動信号を使用し、耐ノイズ性能に優れています。
  • マルチプロトコルトランシーバ
  • USBトランシーバ