型番
adm3058

ラインインターフェースIC

ラインインターフェイスICは、コンピュータシステムとの間で送受信される通信を管理するために使われる半導体デバイスです。インターフェイスICは、イーサネットポートなどのコンピュータシステムの通信回路によく使用されます。


ラインインターフェイスICの種類


インターフェイスICには、次のようなさまざまな動作機能を持つ半導体インターフェイスがあります。


  • 差動ラインドライバは、オーディオなどのアナログ信号を、ノイズの影響を最小限に抑えながら長距離伝送する半導体デバイスです。

  • ラインドライバ - このICの主な動作機能は、伝送ラインなどの負荷を駆動することです。出力インピーダンスを伝送路のインピーダンスに合わせることができます。

  • 差動ラインレシーバ - 差動電圧信号を標準的なロジック信号に変換でき、差動電圧ドライバと組み合わせてトランシーバを構成します。

  • ライントランシーバ - トランシーバは、電子機器に使用されるICで、トランスミッタからチャネルの相互接続を経て、ラインの反対側にあるレシーバに信号を送る事ができます。

  • ライントランスミッタ - 信号処理や産業用途で使用されるマルチポイントデータ伝送用に設計されています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数