ラインレシーバ

ラインレシーバは、一定の距離がある2つのシステム又はデバイスの間のインターフェースとなるために使用される集積回路の一種です。デジタルデータの受信に加えて、制御、同期、クロック信号にも使用されます。




ラインレシーバは、どのように機能しますか?


ラインレシーバは、データを送信するラインドライバ又はライントランスミッタと連携して動作します。デジタル情報を正常に送信するには、ラインドライバとラインレシーバが適合する必要があります。データ伝送中、ラインレシーバは、高ゲイン及び低しきい値を使用して、ラインドライバ及びライントランスミッタによって送信された信号を検出します。




ラインレシーバの種類


特定のラインレシーバは、特定の種類の信号の受信に使用することを想定しています。たとえば、オーディオラインレシーバは、ステレオミュージックプレーヤを増幅された出力システムに接続するなど、アナログオーディオの伝送で使用することができます。




一部のラインレシーバは同じデバイス内のドライバとペアになっています。このモノリシックデバイスは、ラインドライバ / レシーバと呼ばれることも多いです。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。