型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

周辺機器ドライバ

周辺機器ドライバはソフトウェアが組み込まれた電子回路の一部です。このソフトウェアにより、コンピュータはトランシーバのように周辺機器と通信できるようになります。周辺機器には、マウス、キーボード、モニタ、プリンタ、スキャナなどの外部コンピュータ機器などがあります。


周辺機器ドライバは、どのように機能しますか?

電子回路とコンピュータを接続して、電子回路とコンピュータが外部(周辺)機器と通信できるようにします。たとえば、プリンタやマウスをコンピュータに接続すると、接続が生成されて、ユーザーはドキュメントを印刷したり、マウスを制御したりできます。周辺機器はコンピュータシステムに依存します。外部機器はコンピュータなしでは動作せず、コンピュータシステムに接続されている場合にのみ機能します。


周辺機器の種類


周辺機器にはさまざまな種類がありますが、一般的に3つのカテゴリに分類できます。

  • 入力デバイス

    - マウスやキーボードがこれに含まれます。
  • 出力デバイス

    - モニタやプリンタがこれに含まれます。
  • ストレージデバイス

    -

    ハードドライブやフラッシュドライブがこれに含まれます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数