検索キーワード履歴

    バストランシーバ

    バストランシーバは、ロジックIC (集積回路)の一種で、2点間を電子情報が流れ、それによってバスシステムとの互換性が得られるように設計されています。

    反転構成と非反転構成の両方のタイプがある バストランシーバは、双方向インターフェイス回路の入力又は出力にも対応しています。

    バストランシーバの種類

    バストランシーバには、次のようなさまざまなタイプがあります。

    • クワッド反転、3ステート出力
    • クワッド非反転、3ステート出力
    • オクタル非反転、3ステート出力
    • 8ビット3ステート反転
    • オクタル反転、3ステート出力

    このタイプのロジックICは、さまざまな構成タイプが揃っています。たとえば、さまざまなロジック機能 / ファミリをサポートし、 さまざまな最大動作電源電圧、 さまざまなパッケージタイプのものがあり、さまざまな入出力機能に対応しています。

    バストランシーバの用途

    バストランシーバは、次の用途に広く使用されています。

    • 暖房 / 換気 / 空調
    • リモート監視やリモートセンシング
    • Data over Power用途
    • デジタルサイネージ
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数