型番

ロジックIC

ロジックICは一般に「汎用IC」(集積回路)と呼ばれており、世界中のほぼすべての電気 / 電子機器や回路で使用されています。半導体ICは、開発、 設計、製造の用途に幅広く使用されています。RSコンポーネンツでは、Texas Instruments、 東芝、 Nexperia、 STMicroelectronics、ON Semiconductorなど、主要ブランドの高品質の標準的なロジック半導体を幅広く取り揃えています。

一般的なロジックICの種類と用途

バッファは、高出力インピーダンス回路から低出力インピーダンス回路に電圧を転送して、 ソースと負荷の間のバリアとして機能し、ネットワーク障害を防止します。このデバイスは、次のように分類することもできます。

  • バスバッファ
  • バッファとコンバータの組み合わせ
  • バッファとラインドライバの組み合わせ

バストランシーバデバイスは、入出力信号制御(つまり、 バッファと異なり双方向)を共有データバスに対して行います。

カウンタIC (シフトレジスタも含む)は、一般に多数のフリップフロップをカスケード接続した構成になっており、 プロセスの回数、 クロック又はイベント発生を登録するように設計されています。

デコーダ及びデマルチプレクサは、入力されたバイナリコードを単一の数値出力(デコーダ)に変換するか、 又は単一の入力ラインから情報を取得して複数の出力のいずれか(demux)を介して送信します。

ヘキサインバータは、入力レベルとは逆の電圧を出力し、 次に入力信号を反転させて、デジタル信号のノイズを除去し、 遅延を追加して、 レベルをシフトさせるか、 又はロジックファミリ間で変換を行います。

ラッチICは、 半導体を静電気放電又は過電圧から高速かつ確実に保護します。

ロジックゲートは、信号フローをブール関数(NOT、 AND、 OR、 NAND、 NOR) で制御し、信号を処理してバイナリ情報にします。

ロジックレベルシフタ及び電圧トランスレータは、ロジックレベル信号又は電圧ドメインを別のロジックレベル信号又は電圧ドメインに変換して、 さまざまなコンポーネント / IC間での互換性の幅を広げます。

単安定マルチバイブレータは、回路内で時間遅延を生成し、 タイマ又はパルス検出器として使用できるようにします。

シュミットトリガインバータは、アナログ入力信号をデジタル出力に変換するアクティブ回路です。