型番

エンコーダ / デコーダIC

エンコーダは、入力するデジタルバイナリコードをエンコード及びデコードするように設計されたロジック半導体IC (集積回路)ですが、デコーダはアマチュア無線周波数帯でデータ伝送を受信します。有効なDTMFディジットの着信信号を常に監視しています。この電子回路は、トーンダイヤルと呼ばれるプロセスを使用して、電話回線からタッチトーン電話機にDTMFダイヤルトーンをデコードします。

エンコーダ及びデコーダの動作

エンコーダICは、ある形式のデジタルデータを、複数の入力を受け入れる別の形式にエンコードして、マルチビット出力を生成できるように製造されています。主な機能は速度、 セキュリティ、 サイズ縮小による標準化です。

デコーダICは、電子機器の接続性を強化してアプリケーションを制御しやすくします。セキュリティアラームシステム、 電子ゲート、ガレージのドアなどの家庭用装置や、 アクセス制御システム、日用電化製品では、DTMF機能を活用しています。

エンコーダ及びデコーダの種類

エンコーダICには、キーや優先順位など、さまざまなエンコーディングタイプのものがあります。

DTMF (デュアルトーン多周波数)デコーダICは、アマチュア無線周波数帯でデータ伝送を受信するデバイスです。有効なDTMFディジットの着信信号を常に監視しています。この電子回路は、トーンダイヤルと呼ばれるプロセスを使用して、電話回線からタッチトーン電話機にDTMFダイヤルトーンをデコードします。

最も一般的なDTMFデコーダICには、2トーン、 5トーン、 マルチトーン、バーストトーンのタイプがあります。マルチトーンデコーダは、ソースから複数のトーンを受信して変換し、バーストトーンデコーダは、干渉周波数をバイナリ信号にデコードします。

また、各種ロジックファミリがあり、 ICのピン数、実装タイプもさまざまに揃っています。

エンコーダ及びデコーダの用途

エンコーダ及びデコーダは、次のような用途で広く使用されています。

  • 煙 / 火災報知システム
  • ホームセキュリティシステム
  • IDトークン
  • 携帯電話や固定電話

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数