型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

ラッチ

ラッチICは、標準ロジックICファミリの一員である基板実装集積回路です。2種類の(安定)状態とフィードバックパスを備えた双安定マルチバイブレータとして、デバイスで情報を保存できるようになっています。ラッチICは、非同期デバイスです。つまり、入力の状態が変わると、直ちに出力の状態が変化します。RSコンポーネンツでは、Microchip、 Nexperia、ON Semiconductorなど、主要ブランドのラッチIC製品を幅広く取り揃えています。

ラッチICの種類

ラッチICには、主に SRラッチ(セット-リセット)、Dラッチ(データ)、T (トグル)、J-Kの4種類があります。ラッチICは、2つの入力と1つの出力を備えています。これらの入力は、SET入力、RESET入力と呼ばれています。各種デバイスの主な違いは、入力の数、入力の種類、機能、状態の変更方法です。

環境

4000シリーズロジックICファミリの集積回路でCMOS回路が使用されていますが、これは、このコンポーネントが特に静電気に弱いことを意味しています。静電気を帯びた状態でピンに触れるとICが損傷するおそれがあるので注意してください。使用準備が整うまで、このコンポーネントは、必ず帯電防止パッケージに入れておいてください。

用途

ラッチICは、さまざまな電子用途に使用されています。最も一般的な用途には、次のようなものがあります。

  • デジタルデータストレージ
  • バッファストレージ データ転送 / 保持レジスタ
  • メモリアドレッシング

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数