検索キーワード履歴

    EPROM (Erasable Programmable ROM)

    EPROMは、Erasable Programmable Read-Only Memory (消去可能読み取り専用メモリ)の略で、 ソリッドステートメモリチップです。このデバイスは、電源をオフにした後もデータを保持する不揮発性ROMメモリの一種です。EPROM ICは、メモリ機能を追加するために回路内で使用されます。

    EPROMチップ内の基本トランジスタデバイスは、通常のMOSトランジスタとは異なります。浮遊ゲートアバランシェ注入型MOSトランジスタが使用されています。このMOSトランジスタには、2つのゲートがあります。1つは、 電気的に接続されていない浮遊ゲートです。

    EPROMが他の種類のプログラマブルROMメモリと異なる点は、 データを消去すると、 メモリ全体が削除されることです。EEPROMは、データを消去可能なもう1つのメモリチップです。ただし、 メモリ全体ではなくデータのブロックを消去できます。

    EPROMの用途

    • コンピュータメモリ
    • コンパクトフラッシュ
    • USBスティック
    • マイクロコントローラ

    EPROMメモリの消去方法

    EPROM ICはプログラム可能で、UV光を使用して消去することができます。パッケージ上部には透明な石英ガラスの窓があります。EPROMデバイスのメモリは、パッケージ上部の窓にUV光を当てると消去されます。一般的な屋内照明には、消去できるほどのUV光は含まれていません。ただし、 屋外では光が原因でメモリが消去されることがあります。したがって、多くの場合、チップウィンドウはラベルで保護及び遮蔽されています。

    チップがUV光に曝されると、 浮遊ゲートにある電子が励起されます。電子は高いエネルギーを獲得して二酸化ケイ素のバリアを乗り越え、シリコン基板又は制御ゲートに向かって移動します。その結果、しきい値電圧が下がります。これには最大で30分かかり、 その後浮遊ゲートから電子が移動し、再プログラミングの準備が整います。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数