メモリ

RSでは、Microchip、AMIC Technology、Atmel、Cypress Semiconductor、Micronなど一般的な半導体ブランドのメモリチップを幅広く取り揃えています。

メモリチップとは

メモリチップは、コードを処理するか、コンピュータ内の情報の格納に使用され、大量のコンデンサとトランジスタで構成されています。

メモリチップにはどのような種類がありますか?

さまざまなタイプのメモリチップが販売されており、どれを選択するかは用途によって大きく異なります。

ランダムアクセスメモリ(RAM)のタイプには、以下のものがあります。

  • 読み取り専用メモリ(ROM)のタイプには、以下のものがあります。スタティックRAM
  • ダイナミックRAM
  • 不揮発性スタティックRAM
  • 不揮発性RAM
  • 強誘電体RAM

読み取り専用メモリ(ROM)のタイプには、以下のものがあります。

  • マスクROM
  • 電気的に消去可能なプログラマブルROM
  • 消去可能なプログラマブルROM
  • プログラマブルROM
  • フラッシュ

メモリチップの補足情報

メモリチップは、一次メモリと二次メモリの2つのカテゴリに分かれます。

一次メモリチップは、CPUに直接情報を与え、そこに格納されているデータへ素早くアクセスできます。RAM (ランダムアクセスメモリ)は、これらのタイプのチップの好例です。

CPUは、二次メモリチップに格納されている情報に直接はアクセスできないため、二次メモリチップは、データを長期的に格納するために使用される傾向があります。このタイプのチップは容量が大きく、その例には、ハードディスクや光学ドライブなどがあります。