FIFOメモリ

FIFO (ファーストイン、ファーストアウト)メモリは、異なる速度で動作するデバイス間でバッファリングの用途によく使用されています。帯域幅を増やし、高速通信中のデータ損失を防ぐために使用され、はんだを使用して他の回路コンポーネントに結合されます。




FIFOメモリは、どのように機能しますか?


FIFOメモリは、バッファからデータを解放して機能します。デバイスに応じて、FIFOメモリは単方向(単一方向で動作)又は双方向(複数方向で動作)のいずれかになります。また、パラレル入力と出力を含めることができ、プログラム可能です。コンピュータのハードウェアとCPU (中央処理装置)のハードウェアの同期のために使用されます。




FIFOメモリの用途


FIFOメモリは、フロー制御とバッファリングのための電子回路でよく使用されます。データをさらに処理するために一時的に保存する必要があるような用途や、ネットワーク、無線基地局、グラフィック、医療用画像、データ収集、産業用オートメーションなど、その他の高性能な用途に使用されています。また、プログラム可能という機能を備えているので、ビデオ放送で使用することもできます。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) メモリサイズ 構成 データバス幅 バス方向 アクセス時間 回路構成 クロック周波数 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 拡張サポート 寸法 長さ
RS品番 749-6657
メーカー型番AL422B-PBF
メーカーAverLogic
¥1,373.00
購入単位は1個
3Mbit 384 k x 8 8bit 単方向 15 ns シングル 50MHz 表面実装 SOP 28 - - - -
RS品番 146-0759
メーカー型番AL422B-PBF
メーカーAverLogic
¥1,247.64
購入単位は25個
3Mbit 384k x 8 8bit 単方向 15 ns シングル 50MHz 表面実装 SOP 28 - - - -