検索キーワード履歴

    昇圧コンバータ

    昇圧コンバータは、入力電圧より高い電圧を出力する回路でDC-DCコンバータの一種です。DC-DCコンバータは、DC(直流)をDC(直流)へ変換して、必要な電圧を各回路に供給します。コンバータは、システム内の電圧を増減させるために、入力エネルギーを一時的に蓄積し、別の電圧を出力します。出力する電圧によって、元の電圧より低い電圧を作るものが「降圧コンバータ」、元の電圧より高い電圧を作るものを「昇圧コンバータ」と呼びます。


    昇圧コンバータの原理


    昇圧コンバータは回路内のコイルがエネルギーを蓄えておき、蓄えられたエネルギーを入力電源のエネルギーと一緒に放出することによって入力電圧より高い出力電圧を得ます。


    昇圧コンバータの選び方


    昇圧コンバータは、負荷電流に対して必ず入力電流が大きくなるので、使用する回路の入力ピーク値にあった製品を選択する必要があります。


    RSコンポーネンツは、昇圧コンバータをはじめ、降圧コンバータAC-DCコンバータなど、様々な用途に対応する電源ICを豊富に取り揃えています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数