型番

降圧コンバータ

降圧コンバータ (バックコンバータ)は、入力電圧を降圧して出力するDC-DCコンバータです。DC-DCコンバータは、DC(直流)を異なった電圧のDC(直流)へ変換する電子回路です。電子機器はそれぞれ動作可能な電圧範囲が違うため、DC-DCコンバータは、独自の要件に合わせて必要な電圧を各回路に供給します。DC-DCコンバータは、降圧、昇圧、昇降圧などのタイプがあります。


降圧コンバータの基本回路


一般的な降圧コンバータは、回路のオン/オフを高速で切り替えるスイッチ(通常はMOSFET)を組み込んだデバイスクラスであるスイッチング電源回路の一種です。


スイッチオン状態:入力から出力へ流れる電流により、チョークコイルにエネルギが蓄積さ


れます。

スイッチオフ状態:チョークコイルは電流を保とうとして起電力を発生させ、ダイオードを通じて電流を出力します。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数