検索キーワード履歴

    理想ダイオード

    理想ダイオードとは、通常のダイオードと同様、一方向にのみ電流を流すという特性を持ちながら順方向電圧はほぼゼロにできる半導体デバイスです。一般的なディスクリート半導体と比較して電圧・電力の損失が極めて低いことが特徴です。さらに高機能とあって、その言葉の通り、まさに「理想的」な素子と言えます。


    理想ダイオードの必要性


    ダイオード自体が整流作用があるため、電源回路の中の「整流回路」で用いられています。しかし、ダイオードは「電圧降下」が発生します。これは実際に印加した電圧の一部は、抵抗が働いて損失しているということを意味します。理想ダイオードは、電圧降下が極めて小さいため、上記のダイオードの弱点を補うことができます。また、通常のダイオードに比べて小型・軽量化が容易なため、近年ますます重宝されています。


    理想ダイオードの用途


    理想ダイオードはMOSFETなので、主な役割はスイッチング制御です。回路に過剰な電圧が流れるのを防ぐ、「保護」の役割を果たせます。逆方向に電流が流れることも阻止できるので、逆流防止措置としても有効です。加えて理想ダイオードの特性から低損失・低消費電力を望むことができ、エネルギー効率の高い回路の実現にも役立ちます。理想ダイオードは電源回路の保護として、自動車や携帯電話のバッテリー、増幅器などでスイッチング回路として高性能素子として使われています。また、冗長電源回路等でも用いられています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数